富士山・カワセミを毎日撮りたい!

 

§ 凄い1日でした。NO_2

2017年11月21日 (火) 21:41:18

11月19日の続編
<<止まり木絡み特集です。>>


nov19_0032.jpg
nov19_0033.jpg

<<ミズキから飛び付き>>
nov19_0035.jpg
nov19_0036.jpg
nov19_0037.jpg

<<梅の木からの飛び付き>>
nov19_0041.jpg
nov19_0040.jpg

<<止まり木下段から上段への飛び移り>>
nov19_0044.jpg
nov19_0045.jpg
nov19_0046.jpg
画像クリックで大きいサイズになります。
まだ続きます。

スポンサーサイト

カワセミ | TB(-) | CM(-) |

§ 凄い1日でした。

2017年11月20日 (月) 22:17:07
11月19日 日曜日
いやぁ~~
凄い一日でした。
8時前フィールドに着くと二羽の鳴き声が響き渡っていて追いかけっこが始まっていた。
通常、追いかけっこしている時はパフォマンスが悪く直ぐ川へ帰り写真を撮らせてくれないのだが、今回は違った
一時間半たっぷり楽しませてくれた。

更に追いかけっこが終り、運動後の食事タイムが始まり14時撤収まで、ほぼ出ずっぱりだった。
15時ワンコの散歩がてら様子を見に行ったらまだメスがいた。
そんな訳でこの日は2500枚の持ち帰りでした。
<<早朝の二羽絡み>>


nov19_0002.jpg
nov19_0003.jpg
nov19_0004.jpg
nov19_0005.jpg
nov19_0006.jpg
nov19_0007.jpg
nov19_0008.jpg
nov19_0009.jpg
nov19_0010.jpg
nov19_0011.jpg
nov19_0012.jpg
画像クリックで大きいサイズになります。
パート2へ続く


カワセミ | TB(-) | CM(-) |

§ 11/12_N公園より

2017年11月14日 (火) 12:25:43
平日の出は良さそうだが、週末は悪い!!! 何故だ????
12日の午前中は出が悪いながらも少し遊んでくれた。

バックステージから表に出て来ないためポンプ小屋の前当たりへ回り込み手持ち撮影。
旧64に比べれば遥かに軽いが大変だった。



バックステージ_ダイブ9連写
水絡みは見えないけどカワセミまで5m前後の近距離でした。

nov12_0003.jpg
nov12_0004.jpg
nov12_0005.jpg
nov12_0006.jpg
nov12_0007.jpg
nov12_0008.jpg
nov12_0009.jpg
nov12_0010.jpg
nov12_0011.jpg
画像クリックで大きいサイズになります。



カワセミ | TB(-) | CM(-) |

§ 10/09_N公園NO_2

2017年10月12日 (木) 20:40:14
暗い小さな池の続き
カワセまでの距離、レンズ最短焦点距離ギリギリでした。


oct09_0021.jpg

石橋を挟み反対側
oct09_0022.jpg


oct09_0023.jpg
oct09_0024.jpg
oct09_0025.jpg
oct09_0026.jpg

この子オスですね
oct09_0027.jpg
画像クリックで大きいサイズになります。

カワセミ | TB(-) | CM(-) |

§ 10/09_N公園

2017年10月11日 (水) 20:44:48
三連休最終日 
6時前、日課となっているワンコの散歩で公園へ行き、これも日課か?無意識に池を覗く。
ネムの木からダイブ、そして中央の止まり木で食事の場面に遭遇した。



家へ戻り8時前カメラを担ぎ参戦!
今回はメス二羽で10時前まで程々遊んでくれた。前日はボーズでしたから帳尻あわせか??

oct09_0002.jpg

百日紅からのダイブ
oct09_0003.jpg
oct09_0004.jpg

小さい池
暗い・暗い・暗い SS125まで下げたがまだ暗い!
レタッチで明るくしたが色がダメですねぇ

oct09_0005.jpg
oct09_0006.jpg
oct09_0007.jpg
oct09_0008.jpg
oct09_0009.jpg
oct09_0010.jpg
画像クリックで大きいサイズになります。
10/09_N公園NO_2へ続く

カワセミ | TB(-) | CM(-) |

HOME / NEXT

copyright © 2017 富士山・カワセミを毎日撮りたい!. All Rights Reserved.

FC2Ad

  

photo / Template by odaikomachi